読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥さん、ここがサブカル地獄ですよ。

別れる前にお金を頂戴。

【映画感想】ラバランチュラ 全員出動!(2015)

このblogでは新作も旧作も観た映画について出来るだけ記事をでっち上げるつもりなんだぜ。



というわけで記念すべき一作目。

奥さん、クモ映画ですよ。

f:id:frenzyarima:20170213165216j:plain

ラバランチュラ 全員出動!

2015年

制作:シネテル・フィルムズ

配給:アルバトロス・フィルムズ


いきなりアルバトロス配給だよ!皆んな!この文脈、わかるかな!!?


監督は『ザ・コンヴェント』『ハロウィン2016』そして『メガ・スパイダー』のマイク・メンデス。

生憎他作品は観たこと無いですが、まあ、わかるよね、この感じ。


でもたまにちゃーんと面白い映画があったりするのがこの界隈の恐ろしいところ。

『シャークネード』とかね。

あと……『シャークネード カテゴリー2』とか。

または……『シャークネード エクストリーム・ミッション』とか。

もしくは……『シャークネード4』とか……。


そんなシャークネードシリーズは、竜巻に巻き上げられた無数のサメが襲ってくる、いわば『ジョーズ』+『ツイスター』。

一方、今作ラバランチュラは溶岩から火を噴く巨大グモが出現。

『スパイダー・パニック』+『ボルケーノ』ってとこです。

カレーとうな丼を一緒に食べるようなデブのためにこの手の映画はありますね。

そんな火を噴く巨大グモ、突然変異で〜とかそういう説明はありません。新種新種。

地面の割れ目からゾロゾロと燃え盛るタランチュラが這い出てきて、口から火を噴き人間を襲う!そして食う!なんでとか聞くな!


あらすじとしては、ロサンゼルスで突如火山が大噴火!それと同時に溶岩の中から火を噴く巨大グモ、溶岩(ラバ)+クモ(タランチュラ)でラバランチュラ!が大量に這い出てきた!主人公のコルトン、そして妻のオリビアと息子のワイアットは仲間たちと協力しながらロサンゼルスを守るためにラバランチュラに立ち向かっていくー!!



ってなわけで、いかにも〜なおバカ設定で楽しむB〜Z級モンスターパニック……と思いきやこの映画、実は目に見える注目ポイントがもう1つあるのだ。



主人公のコルトン・ウエストはかつて大ヒットしたヒーロー映画で主演を務めた人気者、しかし今ではB級映画の出演ばかり、映画よりゴシップの方が注目される落ちぶれっぷり。

そんな彼を演じるのが、スティーヴ・グッテンバーグ。

f:id:frenzyarima:20170214162158j:plain

このスマイル、見覚えのある方もいらっしゃるんじゃなかろうか?

f:id:frenzyarima:20170214162541j:plain

そう、80年代の大ヒット映画『ポリスアカデミー』シリーズの主人公ケーリー・マホニーその人である。

並べて見るとこの優しそうな顔立ちマンマだよ、マンマ。


さらにスタジオで特殊効果を担当する、コルトンの馴染みのスタッフを演じるのはマイケル・ウィンスローとマリオン・ラムジー

f:id:frenzyarima:20170214163526j:plain

マイケル・ウィンスローは声帯模写を得意とする黒人警官ジョーンズ役。

f:id:frenzyarima:20170214163822j:plain

マリオン・ラムジーは内気で声も体も小さいが、度胸のある警官に成長するフックス役。

f:id:frenzyarima:20170214164148j:plain

二人とも『ポリスアカデミー』シリーズの大人気キャラクターだ。

マイケル・ウィンスローは今作でも陽気な声帯模写を存分に披露してくれるぞ!

さらにチョイ役ながら、巨乳の鬼教官デビー・キャラハンを演じていたレスリー・イースターブルックも出演している。

f:id:frenzyarima:20170214174754j:plain

この人ね。


そうこの映画、何故だかポリスアカデミー出演者が多く登場し、画面狭しと大活躍する。

そして、その素晴らしさはただの同窓会的なサービスだけじゃあない。

かつて一世を風靡し今はB級映画の仕事ばかりというコルトン・ウエストと、かつてポリスアカデミーで人気を博しまさにこのラバランチュラに出演しているスティーヴ・グッテンバーグ。

役者自身と主人公に同一性を感じさせて、リアリティーのある素晴らしいキャラクターに仕上がってる。

さらに、かつて輝かしいハリウッドで活躍していた彼らが、その映画愛を胸にラバランチュラに立ち向かう姿、これが結構感動的なのだ。

そこに、一見無関係なポリスアカデミーキャストでこの映画を作った意味がある。

ちなみにオリビア役のニア・ピープルズも、映画・テレビを中心に80年代から活躍する女優さんで、彼女オリビアとコルトンとの夫婦の絆もこの映画の見所の一つだぞ!



最後になったけれどもう一つだけ、この映画の素敵なシーンをご紹介。

f:id:frenzyarima:20170214174111j:plain

前述の『シャークネード』シリーズの主人公、フィン・シェパードがカメオ出演

そのお返し?か『シャークネード4』にはコルトン・ウエストがカメオ出演を果たしているぞ。



2017年、DVDダイレクトで続編がもうすぐリリースとなる『ラバランチュラ』。

同じく5作目の制作が決定した『シャークネード』シリーズと共に最も目が離せないB級映画の一つです。



奥さん、暇な時に観てみてよ。

ラバランチュラ 全員出動! [DVD]

ラバランチュラ 全員出動! [DVD]

【映画雑談】久しぶりにblog始めました。

続くとは思えん。


ここでは映画やコミックスの話をしようと思ってますが、とりあえず2016シネマランキングを再掲して埋めておきます。

昨年劇場で観た30本を並べときますが、ついでに理由を書いておくので、読んで「てめえ!ぶっ殺してやる!」って思った人は……まあ死んで下さい。



01.HiGH&LOW THE MOVIE

f:id:frenzyarima:20170212135110j:plain

圧倒的フィジカル。圧倒的EXILEマネー。パワーワードに勝てやしねえ。殴って直そう琥珀さん。あと藤井姉妹が可愛い。

02.ミュータントニンジャタートルズ:影

f:id:frenzyarima:20170212135054j:plain

エンディング流れた瞬間2016年洋画ベスト。タートルパワー!!!

f:id:frenzyarima:20170212135032j:plain

有村架純可愛いなあ。あとはひたすらキモくて最高。とくに片瀬那奈

f:id:frenzyarima:20170212135008j:plain

今後20年はゴジラ作るの禁止したいくらいの傑作。エヴァ

f:id:frenzyarima:20170212134741j:plain

正しすぎるのに嫌味じゃない。絶妙なバランスで成り立っている。

f:id:frenzyarima:20170212134713j:plain

ゴーストバスターズのテーマを聴くとテンション上がって叫び出す病気なので。

f:id:frenzyarima:20170212134655j:plain

やっぱり、ウィル・スミスは、スターなんだな。あとキャストのキャッキャ感が素晴らしい。本編じゃないけど。

f:id:frenzyarima:20170212134613j:plain

新海誠全部乗せ。それにRADWIMPSという暴力。勝てん。

09.貞子vs伽椰子

f:id:frenzyarima:20170212134403j:plain

丁寧に作られたお祭り映画。前半Jホラー展開に始まり、聖飢魔Ⅱのエンディング曲で気持ちよく帰る。

10.グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状

f:id:frenzyarima:20170212134340j:plain

伝統と格式、経済と革新。歴史ある美術館の裏側を覗き見る喜び。

f:id:frenzyarima:20170212134321j:plain

フォースは我と共にあり。

f:id:frenzyarima:20170212134107j:plain

下品過ぎずしっかり笑えるヒーロー映画。素朴な出来栄え。

13.もしも建物が話せたら

f:id:frenzyarima:20170212161338j:plain

建物たちのモノローグで語られる美しい建築とそこで織り成される生活。オムニバス形式のためか、少し長い。

14.ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

f:id:frenzyarima:20170212134034j:plain

ハリポタ初体験。コワルスキーさんとクイニーのラブロマンスがこの映画をグッとロマンティックにしている。

15.アンフレンデッド

f:id:frenzyarima:20170212133815j:plain

自殺した友達からSkypeかかってきちゃうホラー。アイデア勝ち。

16.残穢 -住んではいけない部屋-

f:id:frenzyarima:20170212133750j:plain

連鎖する原因と結果を遡るほどゾッとする。映画オリジナルのラスト周辺はいらなかった。

17.高慢と偏見とゾンビ

f:id:frenzyarima:20170212133712j:plain

高慢と偏見』にゾンビを足してリイマジネーション。良くも悪くもゾンビはメインでは無い。バカ映画を期待すると肩透かし。

18.キング・オブ・エジプト

f:id:frenzyarima:20170212133503j:plain

ラー周辺と地球のビジュアル、これぞ映画の醍醐味。エジプト神話を元にしているため、物語はちょっと飲み込み難いかも。

19.メカニック ワールドミッション

f:id:frenzyarima:20170212133437j:plain

前作『メカニック』っぽさはほぼ無くなり、分かりやすいステイサム映画に。ジェシカ・アルバ最高。トミー・リー・ジョーンズはチョイ役で残念。

20.バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生

f:id:frenzyarima:20170212133414j:plain

ワンダーウーマンのとこ以外ほとんど覚えてない。

21.好きになるその瞬間を。〜告白実行委員会

f:id:frenzyarima:20170212133131j:plain

作品を重ねることで世界観に深みが出てきた。台詞も作画も一作目より良い。ちょっと泣いた。

f:id:frenzyarima:20170212133114j:plain

上記二作目で深みが出たので、こちらも上方修正。類型的な描写には興醒めさせられるのでやめて下さい。

23.HiGH&LOW THE RED RAIN

f:id:frenzyarima:20170212132957j:plain

え!?ここバイクで来れるの!?っていうハイロー世界拡大。石黒賢さんお疲れ様です。

24.神様メール

f:id:frenzyarima:20170212132900j:plain

オシャレなコメディ。キリスト教的神様感に馴染みの薄い日本人にはウケ辛いか。

25.死霊館 エンフィールド事件

f:id:frenzyarima:20170212132528j:plain

実話だってんだから驚いちゃう。ただし悪魔的なアレなのでそう怖くはないです。

f:id:frenzyarima:20170212132342j:plain

良い映画だけど、別に好きじゃないです。憲兵さんが帰った後、お義母さんとお義姉さんが笑いだすシーンが好き。

27.団地

f:id:frenzyarima:20170212132254j:plain

そのものズバリ団地映画。話しは結構トンデモないが、嫌いじゃないぞ。斎藤工さん、高崎映画祭最優秀助演男優賞おめでとうございます。

28.傷物語I鉄血篇

f:id:frenzyarima:20170212131842j:plain

一作目だけ単品で観ると、面白いとこがほぼ無い。せめて前後編にすれば良かったのに。

29.インデペンデンス・デイ:リサージェンス

f:id:frenzyarima:20170212131759j:plain

ジェフ・ゴールドブラムを初め、一作目のあの人が!という再会の喜び以外は無です。無になる映画です。

30.キャプテンアメリカ:シビル・ウォー

f:id:frenzyarima:20170212131711j:plain

アメコミのユニバース制を映画に持ち込むことの限界。喧嘩をさせるためのキャラクターの知能低下と不自然な台詞に、上映中から怒りが湧いてきた。好きなシーンもあるけど嫌いな映画。


ちなみに2017年に入ってから2016年公開の『ドント・ブリーズ』と『無垢の祈り』、劇場未公開の『シャークネード4』をDVDで観ました。
『無垢の祈り』は昨年中に観てたらトップ3に入っていただろうことだけは追記して終わっておきます。

f:id:frenzyarima:20170212131355j:plain